アーレンダール(英語表記)Arendal

世界大百科事典 第2版の解説

アーレンダール【Arendal】

ノルウェー南部の東アグデル州南部の都市。スカゲラク海峡に面し,人口1万2000(1991)。1528年にオランダへの木材積出地として記録に現れ,発展を続けて,18世紀の30年代以降ノルウェー第一の海運業の中心地となった。今日も鉄鉱,木材,木材パルプ,長石,工業製品,魚類の積出港。市民の約3割が製造業と建設業に従事,ノルウェー最大の白熱灯工場がある。【菅原 邦城】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android