イアン ギラン(英語表記)Ian Gillan

現代外国人名録2012の解説

イアン ギラン
Ian Gillan


国籍
英国

専門
ロック歌手

グループ名
グループ名=ディープ・パープル〈Deep Purple〉;旧グループ名=ギラン〈Gillan〉;ブラック・サバス〈Black Sabbath〉

生年月日
1945

出生地
ロンドン

経歴
1969年ロックバンド、ディープ・パープルに加入、リードボーカルを務め、ハードロックのボーカルスタイルを確立。’73年バンドを脱退後、一時引退状態となるが、’76年イアン・ギラン・バンドを結成し、音楽界に復帰。アルバム「チャイルド・イン・タイム」を発表、ディープ・パープルとは一線を画すジャズ・フュージョンを取り入れたサウンドで話題を集める。その後バンド名をギランに変えるが、’82年解散。’83年ブラック・サバスに加入、’84年3月まで同バンドのボーカリストとして活躍。同年ディープ・パープルを再結成、11月「パーフェクト・ストレンジャーズ」を発表、またワールドツアーも行う。’90年再びバンドを脱退するが、’93年復帰。以後、’94年、2000年、2004年来日。ソロ活動も並行し、2006年歌手生活40周年を記念してセルフカバー・アルバム「ギランズ・イン」をリリース。ディープ・パープルのアルバムに「イン・ロック」「ファイアーボール」「マシン・ヘッド」「紫の聖戦」「ラプチャー・オブ・ザ・ディープ」、代表曲に「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「ハイウェイ・スター」「ブラックナイト」などがある。2009年ギタリストのイングウェイ・マルムスティーンのグループとともに来日公演。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android