スモーク(英語表記)smoke

翻訳|smoke

デジタル大辞泉の解説

スモーク(smoke)

煙。
舞台効果に用いる発煙筒。
青みや茶のかかった灰色。煙色。「スモークのガラス瓶」
煙でいぶすこと。燻製(くんせい)にすること。「スモークチーズ」「スモークサーモン」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

スモーク

1995年製作のアメリカ・日本・ドイツ合作映画。原題《Smoke》。監督:ウェイン・ワン、出演:ハーベイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ストッカード・チャニング、ハロルド・ペリノーほか。第45回ベルリン国際映画祭特別銀熊賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

スモーク【smoke】

煙。
演出のために、ドライ-アイスなどを使って出す煙。
〔smoked〕 燻製にすること。 「 --ハム」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スモーク

〘名〙 (smoke)
。〔舶来語便覧(1912)〕
ステージスタジオで、雲・霧・煙などの効果に使う装置。多くドライアイスを用いる。スモークマシーン。
※古川ロッパ日記‐昭和一二年(1937)四月二二日「露路で、スモークを焚かれて、咳は出る眼は痛い」
③ 煙色。茶色がかった灰色。または、青色がかった灰色。
④ (smoked から) 他の外来語の上につけて「煙でいぶした」「燻製の」の意を添える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スモークの関連情報