イイジマダルマガレイ(読み)いいじまだるまがれい(英語表記)iijma flounder

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イイジマダルマガレイ
いいじまだるまがれい / 飯島達磨鰈
iijma flounder
[学]Psettina iijimae

硬骨魚綱カレイ目ダルマガレイ科に属する海水魚。駿河湾(するがわん)以南の太平洋と新潟県以南の日本海、韓国の釜山(プサン)周辺、南シナ海、インドネシア南部までの海域に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で、中央部でもっとも高い。両眼は狭い骨の隆起で分けられている。体は暗褐色で、体の背縁と腹縁に半輪状の黒色斑(こくしょくはん)が並び、背びれと臀(しり)びれに進入すること、尾びれに暗色の横帯があることで、近縁のトサダルマガレイやソコダルマガレイと区別する。水深10~30メートルの砂泥底にすみ、小さい多毛類、甲殻類、魚類などを食べる。手繰網(てぐりあみ)で捕れる。体長8~9センチメートルぐらいにしかならない。食用として利用されていない。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android