コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手繰網 たぐりあみ

3件 の用語解説(手繰網の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手繰網
たぐりあみ

機船底引網の前身で,小型船による底引網のこと。地引網漁業の方式を船を使うことによって沿岸を離れて操業できるようにしたもの。地引網と同じく,一つの袋の両側にそれぞれ袖網をつけて,両袖網には引綱が連結されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

手繰網【てぐりあみ】

底引網の一種。一つの袋網とその両側につく翼網からなり,両翼網の端に引綱が結び付けられる。綱を引き回したのち,2本の引綱を玄側からたぐり寄せ,揚網して底生魚などを漁獲する。
→関連項目打瀬網底引網漁業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手繰網
てぐりあみ

網漁具の一種。引網類の底引寄せ網類で、網は一袋両翼型すなわち袋網の網口両側に袖網(そであみ)がつき、その先端に引綱がつく。錨(いかり)を降ろして船を固定し、網が海底から離れないように引き寄せる。おもな漁獲魚種はイワシ、シラス、イカナゴ、アジ、カレイなどで、沿岸の水深20~40メートルが主漁場となる。一般に機船底引網類の小型機船底引網や一艘(そう)引機船底引網中、一袋両翼型網を手繰網とよぶ。それは、これらの網が、日本古来の手繰網が動力船により操業されるうちに、独自の発達を遂げたことに由来する。漁具の構造はだいたい日本古来の手繰網と大差ないが、使用する漁船の大きさ、機関の馬力によって規模が異なる。引綱の長さは、水深の15倍くらい使用し、最初に投網(とうもう)した位置前面の海底に群生する魚群を、左右の引綱で囲んだ形から始まって、しだいにその囲みを長楕円(だえん)形に変じ、引綱で脅かしながら目的魚を袋網の真っ正面に駆り集め、そこで急に網を引き、漁獲するものである。[笹川康雄・三浦汀介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone