コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェルマル[湖] Hjälmaren

1件 の用語解説(イェルマル[湖]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イェルマル[湖]【Hjälmaren】

スウェーデン南部,同国第4の湖(面積480km2)で,東西61km,幅21km,最深20mである。西から二つの川が流れこみ,東は川と運河でメーラル湖(この湖の東端にストックホルムがある)につらなる。このあたりは,6000~7000年前にバルト海と北海を結ぶ海峡があった所で,固い基盤岩の上にのる堆積岩が,氷に選択的に削られて湖盆をつくった。湖の周辺では古くから農耕が行われ,東西交通の要路に当たり,1870年代には洪水を防ぐ大改修が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イェルマル[湖]の関連キーワードイェーテボリスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門マルメスウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone