コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェーナ大学 イェーナだいがく

1件 の用語解説(イェーナ大学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イェーナ大学【イェーナだいがく】

ドイツのイェーナにある大学。1558年創立。18―19世紀にフィヒテシェリングヘーゲルゲーテシラーらのドイツの代表的思想家,文学者がここを中心に活躍。第2次大戦後,東独に属しフリードリヒシラー大学と改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のイェーナ大学の言及

【イェーナ】より

…14世紀に自治権を得て,ブドウ栽培と取引を中心に栄える。1558年創立のイェーナ大学(現,フリードリヒ・シラー大学)は,市が1741年ワイマール公国領となり,カール・アウグスト公のもとでゲーテが活躍するに及んで,ドイツ文化の中心の一つとなった。シラー,フィヒテ,シェリング,シュレーゲル兄弟,ヘーゲル,ティークら,18世紀後半~19世紀初めのドイツの代表的思想家・文学者がこの大学で講じた。…

※「イェーナ大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イェーナ大学の関連キーワードメアリーナルバメアリ永禄エリザベス朝演劇尼子晴久イエナ永禄エリザベス織田信雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone