コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリオス

百科事典マイペディアの解説

イカリオス

ギリシア伝説の登場人物。同名2人が知られる。(1)アッティカの住人で,ディオニュソスブドウ酒の造り方を伝授され,人びとにふるまったが,毒殺をたくらんだと誤解され殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカリオス
いかりおす
karios

ギリシア神話においてラケダイモン人ペリエレスの子。英雄オデュッセウスの妻ペネロペの父。異母兄弟ヒポコオンに追われてプレウロンに行き、リガイオスの娘ポリカステを妻として、ペネロペほか2子を得た。のちに娘の結婚相手を選ぶため競走競技を催すが、オデュッセウスが勝ってペネロペを得ると、イカリオスは結婚後も自分と住むようオデュッセウスに願った。するとオデュッセウスはその選択を妻にゆだね、彼女はほおを赤らめて顔をベールで覆ったため、娘の本心を察した父親は、2人を立ち去らせてその地に「恥じらいの女神」の神殿を建てた。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イカリオスの関連キーワードペネロペイア

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android