コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリオス

2件 の用語解説(イカリオスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イカリオス

ギリシア伝説の登場人物。同名2人が知られる。(1)アッティカの住人で,ディオニュソスブドウ酒の造り方を伝授され,人びとにふるまったが,毒殺をたくらんだと誤解され殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカリオス
いかりおす
karios

ギリシア神話においてラケダイモン人ペリエレスの子。英雄オデュッセウスの妻ペネロペの父。異母兄弟ヒポコオンに追われてプレウロンに行き、リガイオスの娘ポリカステを妻として、ペネロペほか2子を得た。のちに娘の結婚相手を選ぶため競走競技を催すが、オデュッセウスが勝ってペネロペを得ると、イカリオスは結婚後も自分と住むようオデュッセウスに願った。するとオデュッセウスはその選択を妻にゆだね、彼女はほおを赤らめて顔をベールで覆ったため、娘の本心を察した父親は、2人を立ち去らせてその地に「恥じらいの女神」の神殿を建てた。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イカリオスの関連キーワードアトレウスオデュッセウス切られ与三ギリシア神話ギリシア文字桐壺の帝スキュラダナエミニョントロイア戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone