毒殺(読み)どくさつ

精選版 日本国語大辞典「毒殺」の解説

どく‐さつ【毒殺】

〘名〙 物、毒薬を使って殺すこと。毒害
※読史余論(1712)三「此歳、観応二年二月廿六日、禅門卒す。四十七歳也。は毒殺せらるとも云」 〔元史‐世祖紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「毒殺」の解説

【毒殺】どくさつ

毒を飲ませて殺す。〔漢書、王伝上〕()郡國に移檄(いげき)して言ふ、を毒し、天子を攝し、室をたんと欲すと。

字通「毒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の毒殺の言及

【毒味】より

…〈毒見〉とも書く。古今東西,毒殺の例はきわめて多く,それを未然に防ぐために行われた。令制下の日本では,宮内省内膳司の長官である奉膳が,天皇の食事の毒味をすることになっていた。…

※「毒殺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android