イガルカ(英語表記)Igarka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イガルカ
Igarka

ロシア中東部,東シベリア,クラスノヤルスク地方の都市。エニセイ川の河口から 673km上流の右岸に位置する河港都市。 1929年この地帯の森林資源開発のために建設され,大規模な製材コンビナートがあるほか,水産加工コンビナートもある。港は河港であるが外洋船が入港でき,おもに輸出用の木材積出港となっている。人口1万 8800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イガルカ(Igarka/Игарка)

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方の都市。北極圏内にあり、エニセイ川下流域、イガルカ分流沿いに位置し、河港を有す。1930年代より木材の積み出し港として栄えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イガルカ
いがるか
Игарка Igarka

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方の都市。北極圏の北方163キロメートル、エニセイ川のイガルカ分流の右岸にあり、航洋船の着岸する河港市である。人口1万6000。エニセイ川流域で伐採され、流下された木材を原料とする木材コンビナートがあり、木材は北極海航路で外国へも輸出される。ほかに魚類加工業もある。1929年に製材と木材積出し港として発足し、1931年に市となった。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android