コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北極海航路 ホッキョクカイコウロ

3件 の用語解説(北極海航路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほっきょくかい‐こうろ〔ホクキヨクカイカウロ〕【北極海航路】

北極海を経由して太平洋大西洋を結ぶ航路。ユーラシア大陸のロシア沿岸を通る北東航路と北米大陸のカナダ沿岸を通る北西航路がある。地球温暖化の影響で北極海の海氷が減少したため、活用の可能性が高まっている。ヨーロッパアジアを結ぶ現行のスエズ運河喜望峰を経由する航路に比べて航海距離が格段に短く、コストの低減が見込まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北極海航路

北極海を通ってアジアと欧州を結ぶ航路。海氷面積の減少で6月後半~11月後半の航行が可能になった。2010年の利用は4隻だけだったが、13年には71隻に急増。14年は船舶燃料の原油価格の下落などが要因で利用が減ったとみられる。商船三井は、18年から北極海航路液化天然ガスを運搬する計画を発表している。

(2015-03-16 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北極海航路
ほっきょくかいこうろ
Northern Sea Route

ヨーロッパとアジアを北極海を通って結ぶ船舶航路。かつて北極海は年間を通じて凍結していたため航行できなかったが、地球温暖化などの影響で夏期に氷が解けるようになったため、本格的な商業利用が現実味を帯びてきた。北極海航路を利用したヨーロッパと日本の主要港間の航行距離は1万2000~1万3000キロメートルスエズ運河経由(約2万キロメートル)やケープ・タウン経由(約3万キロメートル)より短く、輸送時間の短縮や使用燃料の大幅節減を実現できる。国際紛争や海賊出没などの問題があるマラッカ海峡ソマリア沖などを運航しなくてすむ利点もある。また、地球上の未発見資源のうち、天然ガスの30%、原油の13%が北極海に存在すると推計されており、北極海航路が実現すれば、世界の海運経路が一変するだけでなく、世界規模の資源開発が進むと期待されている。
 北極海航路は大航海時代から構想があったが、1878年、蒸気船ベガ号がスウェーデンから北極海を経て日本の横浜港へ着いたのが、初の航行とされる。1990年代には日本やロシア、ノルウェーが共同で、北極海航路の経済性や国際法のあり方、氷海用船舶設計などを研究したが、その後、大きな進展はなかった。しかし海氷の減少もあって、2011年にロシアのプーチン首相が北極海航路を世界的な海運経路として整備するよう指示するなど、欧米諸国が関心を寄せている。
 2011年(平成23)には、三光汽船の貨物船が日本の商船として初めて、大西洋から北極海航路経由で太平洋に出ることに成功した。極東アジアのハブ港の地位は、韓国の釜山(ふざん/プサン)港が占めているが、北極海航路が商業利用できれば、日本海側の日本の港がハブ港の地位を奪回できるのではないかとの期待がある。しかし北極海航路が利用できる期間は現在、夏場の数か月に限定されるうえ、商業船舶の航行には砕氷船を先導させる必要があり、氷海用の特殊な船舶構造が必要となるなど、実用化にはさまざまな課題もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北極海航路の関連キーワード大洋地中海国内航路西廻り航路アジアハイウエーアジアマネースエズ地峡北極亜区アジア欧州会議(ASEM)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北極海航路の関連情報