コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクビゴケ Diphyscium fulvifolium Mitt.

2件 の用語解説(イクビゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イクビゴケ【Diphyscium fulvifolium Mitt.】

キセルゴケ科の小型の蘚類。東アジアに分布し,日本では本州以南の山地に普通に産し,土上に群生する。茎はごく短く,高さ数mm。葉は放射状に配列し,披針形,湿ると広がるが乾くと強く巻縮する。雌雄異株で,雌苞葉は蒴(さく)を抱いて直立し,その中央脈が針のように突出する。蒴は大きく広卵形,明瞭な背腹性を示し,腹面が大きくふくれる。蒴の背面に圧力がかかると,微小な胞子が弾丸のように噴出するという珍しい特徴をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イクビゴケ
いくびごけ / 猪首苔
[学]Diphyscium fulvifolium Mitt.

コケ植物キセルゴケ科の1種。山地帯から亜高山帯にかけての林の中や、林の周辺などの地上に生える。茎は非常に短く、ほとんど見分けられない。植物体は濃い緑色。葉は長楕円(ちょうだえん)形をなし、長さ5ミリメートルぐらいで、ロゼット状に広がる。(さく)に近い葉は、中央脈が葉の先から突き出て、芒(のぎ)のようになる。は大きくて卵形、長さ5ミリメートルぐらいで柄(え)はない。このことから「猪首苔」の名がある。東南アジアから日本にかけて分布し、わが国では本州から九州にかけて分布する。同じ仲間のキセルゴケは、葉がほとんど退化してなくなり、長さ5~10ミリメートルの柄をもったが腐植土から突き出ている。は斜めにつき、上面はほとんど平らになっている。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イクビゴケの関連キーワードドール白腹杉苔蘚類リトマス苔烏秋大杉蘚銀蘚頬赤モンクメール語族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone