コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山地帯 サンチタイ

大辞林 第三版の解説

さんちたい【山地帯】

垂直分布による植物帯の一。丘陵帯の上に位置し、上部は亜高山帯に接する。夏緑樹林を主体とし、時にモミ・ツガなどが生える。低山帯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山地帯
さんちたい

広義には夏緑林帯とその上部の針葉林帯(針葉樹林帯)を含むが、一般にはブナの優勢なブナ帯と同義に使われることが多い。日本では、山地帯を夏緑林帯の意に用いられることもあるし、針葉林帯を亜高山帯とよぶこともある。[大場達之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山地帯の言及

【森林】より

… 森林植生は,標高に応じた温度変化に伴い垂直的に変化する。暖温帯域では亜山地帯(照葉樹林帯),山地帯(落葉広葉樹林帯),亜高山帯(常緑針葉樹林帯),高山帯(ハイマツ帯,森林限界以上)に区別されている。北アルプスではおよそ500m,1700m,2500mがそれぞれ亜山地帯,山地帯,亜高山帯の上限にあたり,2500m以上が高山帯となる。…

【垂直分布】より

…植物の垂直分布は,植生の変化とそれによってつくり出される相観の変化によって,いくつかに区分されたもので,垂直分布帯と呼ばれる。日本ではふつう低地から順に,標高500m以下の照葉樹林域を地形によって低地帯,丘陵帯,標高500~1500mの夏緑広葉樹林域を山地帯,標高1500~2500mの針葉樹林域を亜高山帯,標高2500m以上の高木群落のないところを高山帯などと区別する。動物の分布は植生の垂直分布の変化に従って変わる。…

※「山地帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山地帯の関連キーワードオオカバマダラの生物圏保護区アキノギンリョウソウセールトレネラーグ県コバノイチヤクソウオオマルバノホロシチョタ・ナーグプルコバノカモメヅルタチカメバソウトゥアンハイ省カミザール戦争ツルカノコソウメガラヤ[州]クサタチバナシノノメソウイガホオズキクロオオアリコケリンドウ東白川[村]エゾリンドウイェリバーレ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android