コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イザリウオ frogfish

翻訳|frogfish

世界大百科事典 第2版の解説

イザリウオ【frogfish】

アンコウ目イザリウオ科イザリウオ属Antennarius海水魚の総称。温帯から熱帯にかけての暖海に広く分布し,水深300mくらいまでの海底にすむ。体はやや側扁して丸みを帯び,うろこはないが,皮膚表面は小さなとげがあるためざらつく。胸びれは腕状に発達し,これと腹びれとで海底をはう。イザリウオ(躄魚)の名もこの習性に由来する。近縁のアンコウ類と同様に,第1背びれの第1棘条(きよくじよう)は変形して吻端(ふんたん)触手となり,これを揺り動かして餌動物を誘引する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イザリウオ

カエルアンコウ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イザリウオ
いざりうお / 躄魚

硬骨魚綱アンコウ目カエルアンコウ科Antennariidaeの魚類の旧称。2006年(平成18)までAntennariidaeの魚類はアンコウ目イザリウオ科に分類されていたが、差別的語を含むため、日本魚類学会が2007年1月に標準和名をカエルアンコウに改名した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イザリウオの関連キーワード蛙鮟鱇花虎魚花鰧座魚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android