イスパノ・モレスク様式(読み)イスパノモレスクようしき

百科事典マイペディア「イスパノ・モレスク様式」の解説

イスパノ・モレスク様式【イスパノモレスクようしき】

8―13世紀に盛行したイスラム教徒支配下のスペインの芸術。宗教上,人間や生物の図像表現が禁じられたため,建築や装飾芸術の領域に独創性を示し,コルドバの大モスク,アルハンブラ宮殿を実現した。また特にイスパノ・モレスクhispano-moresqueと呼ばれるスズ釉陶器は,マラガグラナダバレンシアを中心に作られたもの。
→関連項目ペルシア陶器マヨリカラスター彩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報