コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスパノ・モレスク様式 イスパノモレスクようしき

百科事典マイペディアの解説

イスパノ・モレスク様式【イスパノモレスクようしき】

8―13世紀に盛行したイスラム教徒支配下のスペインの芸術。宗教上,人間や生物の図像表現が禁じられたため,建築や装飾芸術の領域に独創性を示し,コルドバの大モスク,アルハンブラ宮殿を実現した。
→関連項目ペルシア陶器マヨリカラスター彩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

イスパノ・モレスク様式の関連キーワードルクセンブルク市:その古い町並みと要塞群アルハンブラ宮殿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android