コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスパノ・モレスク様式 イスパノモレスクようしき

1件 の用語解説(イスパノ・モレスク様式の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イスパノ・モレスク様式【イスパノモレスクようしき】

8―13世紀に盛行したイスラム教徒支配下のスペインの芸術。宗教上,人間や生物の図像表現が禁じられたため,建築や装飾芸術の領域に独創性を示し,コルドバの大モスクアルハンブラ宮殿を実現した。
→関連項目ペルシア陶器マヨリカラスター彩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

イスパノ・モレスク様式の関連キーワードムーア人モサラベイスラム帝国汎イスラム主義国土回復戦争ヒブラルファロ城ヒラルダの塔リポイイスラム教のスカーフウイグル族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone