コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスパノ・モレスク Hispano-Moresque ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスパノ・モレスク
Hispano-Moresque ware

12世紀以後にスペインで製作された,イスラム意匠の影響を受けた錫釉およびラスター釉の陶器。初期のものはスペイン人がモロス人 (ムーア人) と呼んだアラビア人ベルベル人たちによって作られたが,その後帰化してスペイン人化したモロスやスペインの陶工たちによって受継がれ,19世紀頃まで続いた。 16世紀以降の作品ではアラビア文字装飾が図案化されて連続文や地紋となったものが大部分である。また,中央に貴族の紋章を入れたものも多く作られた。主要生産地は時代により異なるが,バレンシア,マニセス,アンダルシア地方のグラナダ,マラガなどが著名。その多くはマヨルカ島の商人を通じてイタリアに輸出され,これがマジョリカ陶器の呼称となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イスパノ・モレスクの関連キーワードルクセンブルク市:その古い町並みと要塞群イスパノ・モレスク陶器アルハンブラの翼壺マジョリカ陶器ナスル朝美術アルハンブライスラム工芸ペルシア陶器マヨリカ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android