コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイール廟 イスマーイールびょうMausoleum of Ismā`il Samani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスマーイール廟
イスマーイールびょう
Mausoleum of Ismā`il Samani

ウズベキスタン,ブハラ市に残るペルシアサーマン朝第2代君主イスマーイール (在位 892~907) の墓廟。王自身の創建と考えられる中央アジアのイスラム建築の最古の遺構。建物は1辺約 9.3mの正方形の広間にスキンチ・アーチを用いてドームを架し,四壁にそれぞれアーチをもつ,古代イランのゾロアスター神殿にみられたチャハル・ターク (4アーチ) 形式に近い。上部には四隅に小ドームと,中間部を隠すためのアーケードをもつ。壁面には文様積み煉瓦の装飾が施され,素朴な美しさと独特な陰影効果を生んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イスマーイール廟の関連キーワードスキンチ・アーチサーマン朝美術ウズベキスタン