イスラエル音楽(読み)イスラエルおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イスラエル音楽」の解説

イスラエル音楽
イスラエルおんがく

紀元 70年ローマに滅ぼされ世界に離散する前のヘブライ人の音楽を,世界各地のユダヤ教会 (シナゴーグ) で伝承した礼拝朗唱 (旧約聖書の『詩篇』など) を中心とする。民謡にも独自な旋律をもつ。礼拝の朗唱では,アラビア半島イエメンのユダヤ人は古くから隔絶されていて,その古い形を保存しているが,ユダヤ人独自の宗教音楽であるシナゴーグ以外の音楽は,他民族のなかで融和してしまったので,イスラエルの音楽としては新しい音楽に特色を示しつつある。なお,イスラム教徒がユダヤ人に楽器を持つことを禁じたため,宗教音楽だけでなく民謡にも楽器が使われなかった。近代,古代ヘブライ音楽の研究,復活と並行して,ユダヤの伝統を生かした現代音楽の作曲が盛んであるのは,根強いシオニズムの現れである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android