コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソバレリアン酸

栄養・生化学辞典の解説

イソバレリアン酸

 C5H10O2 (mw102.13).(CH3)2CHCH2COOH.イソ吉草酸ともいう.食品添加物として香料に用いられ,また魚,貝,牛乳などの香気成分であるが,直接嗅ぐとよい香りとはいいがたいアルコール.毒性がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android