イソプレノイド(英語表記)isoprenoid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソプレノイド
isoprenoid

化学構造がイソプレンの炭素骨格の単位から形成されている一群の天然有機化合物の総称。その1分子を構成しているイソプレン単位の数が2個のものをモノテルペン,3,4,6,8個のものをそれぞれセスキ,ジ,トリ,テトラテルペンという。天然ゴムもまたイソプレン骨格から成る高分子である。広義には,メバロン酸からイソペンテニルピロリン酸,セスキテルペンであるスクアレンを経て生合成されるカロテノイドやステロイドを含んで考える場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイソプレノイドの言及

【テルペン】より

…イソプレンC5H8を構成単位とする重合体(C5H8)nからなる炭化水素およびその誘導体の総称。テルペノイドterpenoid,イソプレノイドisoprenoidとも呼ばれる。代表的なものは植物の香気成分の精油であり,多くの色素,樹脂,ゴム質もすべて形式的にはテルペンに含める。…

※「イソプレノイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android