コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然有機化合物 てんねんゆうきかごうぶつnatural organic compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然有機化合物
てんねんゆうきかごうぶつ
natural organic compound

天然に存在する有機化合物大部分生物によって生産される。糖類アミノ酸蛋白質,脂質,ステロイドテルペンアルカロイド生体色素などもその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐ゆうきかごうぶつ〔‐イウキクワガフブツ〕【天然有機化合物】

自然界に存在する有機化合物動植物生体で産するもののほか、生物の遺物に由来する石炭石油も含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

天然有機化合物の関連キーワードイソプレノイド小竹 無二雄有機金属化学有機合成化学ウッドワード恩賜賞受賞者不斉炭素原子好気性細菌オゾン分解小竹無二雄天然物化学ジエン合成平田 義正リプスコムコーリー真島利行富田真雄微量化学有機合成鈴木啓介

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android