コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソミミズ Pontodrilus matsushimensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソミミズ
Pontodrilus matsushimensis

環形動物門貧毛綱新貧毛目フトミミズ科。腹面に挾着器をもつ海産のミミズ。体長 10cm,体幅 2mm内外,体節数約 100。環帯は第 13~17体節にあり,第 18体節に挾着器がある。第 14体節に産卵孔,第 18体節に雄性孔が開く。貯精嚢は第 11と第 12体節にある。海岸に打上げられてなかば腐敗した海藻の下の砂礫中にすむ。本州以南に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イソミミズ【Pontodrilus litoralis(=Pontodrilus matsushimensis)】

貧毛綱フトミミズ科の環形動物。海岸にすむミミズ。マツシマイソミミズともいう。本州各地に分布し,湾の奥のほうで波打ちぎわに打ち上がっている半ばくさった状態の海藻の下の砂利の中や,半ばくさったアマモなどの下に多くの個体が群がってすむ。体は淡紅色で,体長約10cm,体幅2~2.5mm,体節数100内外。環帯は第13~17体節の5体節を占める。雄性孔と産卵孔はそれぞれ1対あり,雄性孔は第18体節に,産卵孔は第14体節にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイソミミズの言及

【ミミズ(蚯蚓)】より

…一部に淡水産と海産のものがある。(3)海産 フトミミズ類のイソミミズとヒメミミズ類のイソヒメミミズの2種が知られている。イソミミズは体長10cmほどで,本州各地の海岸のくさりかけた海藻や砂利の中にすむ。…

※「イソミミズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android