コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソヨコバサミ イソヨコバサミ Clibanarius virescens

2件 の用語解説(イソヨコバサミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソヨコバサミ
イソヨコバサミ
Clibanarius virescens

軟甲綱十脚目ヤドカリ科(→ヤドカリ類)。外洋性の岩礁海岸やサンゴ礁原にすむヤドカリ。甲長約 1.5cm。甲は淡灰緑色で,鋏には白い小斑が散在する。歩脚は黒褐色で,先端部は黄白色。鋏脚は左右相称で,鋏は水平に開閉される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソヨコバサミ
いそよこばさみ / 磯横鋏
[学]Clibanarius bimaculatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヤドカリ科に属する海産動物。外洋性の岩礁の潮だまりの中にすむ。東京湾から沖縄まで分布し、各地で普通にみられるが、ホンヤドカリほど多くない。甲は灰緑色。歩脚(ほきゃく)の指節は基部と先端部が黄色、中央部と前節先端部が黒褐色という色彩の対比がよく目だつ。はさみ脚(あし)は左右相称で、はさみは水平に開閉される。サンゴ礁には歩脚に赤褐色の縦縞(たてじま)があるアカシマヨコバサミC. striolatusと、体が一様に紫褐色のミナミヨコバサミC. corallinusが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイソヨコバサミの言及

【ヤドカリ(宿借)】より

…雑食性であるが動物質を好む。 日本近海のサンゴ礁にはスベスベサンゴヤドカリCalcinus laevimanus,コモンヤドカリDardanus megistos,浅海にはオニヤドカリAniculus aniculus,ヨコスジヤドカリD.arrosor,ソメンヤドカリD.pedunculatus,磯にはホンヤドカリPagurus geminus,イソヨコバサミClibanarius bimacratus,ヤマトホンヤドカリP.japonicus,干潟にはユビナガホンヤドカリP.dubiusが多い。 釣餌にされ,またオカヤドカリなどは子ども相手に夜店などで売られる。…

※「イソヨコバサミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソヨコバサミの関連キーワードホンヤドカリ岡宿借宿借りいたやどかりちゃんカニ(蟹)ヤドカリ(宿借)オカヤドカリ科オキヤドカリ科ツノガイヤドカリ科ホンヤドカリ科

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソヨコバサミの関連情報