イタリア王国[近代](読み)イタリアおうこく[きんだい](英語表記)Regno italico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア王国[近代]
イタリアおうこく[きんだい]
Regno italico

近代イタリアの王国 (1805~14) 。 1802年ナポレオン1世によってイタリア共和国に改組されたチザルピーナ共和国をさらに 05年3月再編して成立。ナポレオン自身が王位につき,夫人ジョゼフィーヌの連れ子ボアルネ公を副王とした。事実上フランス支配の王国で政治的にも財政的にも自立を欠いたが,『ナポレオン法典』の適用でブルジョア的諸改革がなされ,イタリア民族意識の覚醒も伴ってリソルジメント運動の機運を醸成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android