コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポレオン1世 ナポレオンいっせいNapoléon I; Napoléon Bonaparte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナポレオン1世
ナポレオンいっせい
Napoléon I; Napoléon Bonaparte

[生]1769.8.15. コルシカ島,アジャクシオ
[没]1821.5.5. セントヘレナ島
フランス第一帝政皇帝(在位 1804~14,1815)。生粋のコルシカ人貴族の子。フランスで教育を受け,1785年パリ士官学校を卒業。フランス革命初期にはジャコバン・クラブ(→ジャコバン派)に入会。コルシカ独立運動に参加したが指導者パオリと衝突し,1793年一家をあげてフランスに亡命,同 1793年ニースの連隊に復帰した。この頃からナポレオン・ボナパルトと呼ばれるようになった。同 1793年8月国民公会軍の砲兵隊の指揮官に任命され,12月反革命派の手中にあったツーロン港の砲撃を指揮して奪回に成功し,准将に昇進。1796年3月イタリア遠征軍司令官となる。同 1796年3月9日ジョゼフィーヌと結婚。カンポフォルミオ条約によってイタリアで 5年間続いた戦争は収拾され,ナポレオンの人気は頂点に達した。1798年7月エジプトに遠征,1799年11月エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスと結んでブリュメール十八日のクーデターを断行し執政政府を樹立,軍事独裁を始めた。1804年5月に帝国成立が宣言されると皇帝に即位。以後産業振興,学制改革,行政,司法の再編成などを行なった。1807~10年頃相次ぐ対外戦争の勝利によってその威信と権力は頂点に達したが,1812年のロシア遠征の失敗によって諸国民戦争が勃発。1813年ライプチヒの戦いの敗北で没落は決定的となり,1814年5月エルバ島に流された。島を脱出し 1815年3月上陸,再びヨーロッパ連合軍と対抗,ベルギーに進撃し,6月リニーでプロシア軍を撃破したが,ワーテルローでイギリス軍と戦って敗れ(→ワーテルローの会戦百日天下),セントヘレナ島に流されて同地で没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ナポレオン1世

生年月日:1769年8月13日
フランス第一帝政の皇帝(在位1804〜14)
1821年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ナポレオン1世の関連キーワードナポレオン・ジョゼフ・シャルル・ポール ボナパルト不可能という文字は我が辞書にはないマリー・ポーリーヌ ボナパルトアスペルン=エスリンクの戦いジョフロア・サン・ティレールジョゼフィーヌ・ド・ボアルネオルタンス・ド・ボーアルネビットリオ・アメデオ3世アウステルリッツの戦いカロリーヌ ボナパルトリュシアン ボナパルトジョセフ ボナパルトシャルル ナポレオンシャルル ボナパルトレジヨン・ドヌールウィーン最終議定書ナポレオン(2世)ジョアシム ミュラエトワール凱旋門エトアール凱旋門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナポレオン1世の関連情報