チザルピーナ共和国(読み)チザルピーナきょうわこく(英語表記)Repubblica Cisalpina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チザルピーナ共和国
チザルピーナきょうわこく
Repubblica Cisalpina

1797年6月ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)によって北イタリアのロンバルディアに形成された国家。翌 7月中部イタリアにすでに形成されていたチスパダーナ共和国と合体して領域を拡大した。フランス憲法にならって新憲法を制定するなど形式的には独立国ではあったが,実際はフランス軍が駐留し,フランス政府に上納金を納める義務を負うなど,フランスの従属国とみられた。1799年オーストリア=ロシア軍の反撃で一時解体したが,1800年ナポレオンによってただちに再建された。1802年イタリア共和国の名のもとに再編成され,1805年にはナポレオンを王とするイタリア王国に編成替えされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チザルピーナ共和国
ちざるぴーなきょうわこく

1797年イタリア遠征中のナポレオンが北イタリアに建てたフランスの衛星国。チザルピーナCisalpinaは、ローマからみてアルプスのこちら側という意味。ロンバルディアの大部分を領土とするこの国は、まもなく同じ衛星国のチスパダーナ共和国を併合してボローニャやフェッラーラ、モデナなどの諸都市を含むポー川以南の地域を支配下に収め、同年10月のカンポ・フォルミオ条約によりオーストリアの承認を得た。北部と中部にまたがるこの共和国では、1795年のフランス憲法を模倣した憲法が制定され、首都ミラノに立法議会と総裁政府が置かれた。ナポレオンのエジプト遠征中の99年、オーストリア・ロシア連合軍のイタリア侵攻により共和国は崩壊したが、1800年6月のマレンゴの戦い以後、ナポレオンはこの共和国を復興し、02年のイタリア共和国建設の核とした。[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android