副王(読み)ふくおう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副王
ふくおう
virreyスペイン語
vice-reyポルトガル語
viceroy英語

ヨーロッパのいくつかの国の領土や海外植民地に置かれた、国王代理を務める高位の行政官。15世紀、スペインのアラゴン王国の領地セルダーニャ、シチリアに置かれ、イサベル1世、フェルナンド5世両王のスペイン共治時代になると、そのほかカタールニャ、アラゴン、バレンシア、マジョルカ、ナバラ、ガリシア、ナポリも副王によって治められた。副王は、強大な権限をもって副王領の行政・警察権を握り、また議会を招集することができた。コロンブスも、1492年の航海に先だち副王の称号を与えられたが、16世紀に入りスペイン人によるアメリカ大陸の征服が行われると、メキシコ(別名ヌエバ・エスパニャ、1535)、ペルー(1542)にも副王が任命され、新大陸を二分して広い領域にわたり直接統治した。18世紀に入ると、ヌエバ・グラナダ(1717)、ラ・プラタ(1776)地方も副王領となった。新大陸の副王は、植民地担当地域の行政・軍事の最高責任者として強大な権力を与えられていたが、反面、本国からの巡察、査察等により厳しく監視されていた。
 副王制は、スペイン本国では18世紀のフェリペ5世時代にナバラを除いて廃止されたが、アメリカ大陸では19世紀初頭の独立期まで続いた。副王は、ポルトガル領インド(1505)、ブラジル(1720)にも置かれ、英領インドでも、国王の直接統治が始まる1858年以後、それまでのインド総督が副王と称せられるようになった。[増田義郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐おう ‥ワウ【副王】

〘名〙 主たる王の下にあって、一地方を治める王。また、ヨーロッパのいくつかの国の領土やスペイン、ポルトガルなどの海外植民地に置かれた高位の行政官。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「愛蘭の副王なりし甘伯田(カムプデン)に稟告し、戸部の一官に用ひられんことを求む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

副王の関連情報