コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イディシュ語 イディシュごYiddish language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イディシュ語
イディシュご
Yiddish language

ヘブライ語と並んで,ドイツ系ユダヤ人の話している言語。ユダヤ語ともいう。中高ドイツ語を基礎とし,ロマンス語ヘブライ語,アラム語,14世紀以後はポーランド語,ベラルーシ語などの要素を取入れてできあがった一種の混合語。主要な方言は,(1) 西部方言 オランダ,スイス,ドイツ,ボヘミアなど,(2) 中央方言 ポーランドの中央と南部,(3) 北東方言 リトアニアとベラルーシ,(4) 南東方言 ウクライナとルーマニア,19世紀以後は,移住の結果,アメリカやパレスチナその他でも話されるようになっている。 20世紀に入り,文学や科学的文章にも使われだした。ヘブライ文字を使用。第2次世界大戦前は約 1000万人の話し手があったが,虐殺により急激に減少した。今日 300万~400万人程度と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イディシュ語の関連キーワードイディシュ文学イディッシュ語ヘブライ文学ワインライクウィーゼルスツケベルユダヤ演劇ルメットシンガーアッシュメンデレペレツムニ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android