イナ・バウアー

デジタル大辞泉プラスの解説

フィギュアスケートの技のひとつ。足を前後に開き、前の足のを曲げた姿勢で、両足のつま先を外側に大きく開いて横に滑る。名称は旧西ドイツのスケート選手の名から。トリノオリンピック(2006年)、女子シングルで金メダルを獲得した荒川静香が得意としたことで知られるが、荒川の場合、通常よりも上半身を大きく反らして行うため「レイバック イナ・バウアー」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android