コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノウロツワフ Inowrocław

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イノウロツワフ
Inowrocław

ポーランド中部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の都市。南ヨーロッパとバルト海を結ぶ交易路上の町で,12世紀に始まり,中世は織物で知られた。 19世紀の初め岩塩鉱が発見されてから発展。特に保養地として栄え,塩浴,泥土浴で有名。クヤウィ地方の重要な産業中心地で,製塩業,ソーダ工業,農機具,ガラスなどの製造業が立地。シロンスク (シュレジエン ) -グディニャ間の石炭輸送鉄道の接続駅。 12世紀のロマネスク様式の聖堂 (1901に一部改修) は有名。詩人ヤン・カスプローウィチ記念館がある。人口7万 7986 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android