イノシン

  • inosine

化学辞典 第2版の解説

hypoxanthine riboside.C10H12N4O5(268.23).略称Ino.プリンヌクレオシドの一種.生体内,とくに筋肉中に多量に存在する.転移リボ核酸の微量成分としても含まれている.アデノシン亜硝酸を作用させて簡単に合成することができる.無色結晶.分解点218 ℃.-49°(水).pK1 1.5,pK2 8.85,pK3 12.5.λmax 248 nm(ε 12.2×103,pH 2).白血球減少症に用いる.LD50 3000 mg/kg(マウス,静注).[CAS 58-63-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イノシンの関連情報