コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白血球減少症 はっけっきゅうげんしょうしょうleukopenia

翻訳|leukopenia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白血球減少症
はっけっきゅうげんしょうしょう
leukopenia

血流中の白血球が減少して,1mm3中 5000以下になっている状態をいう。腸チフスパラチフス麻疹インフルエンザなどの急性感染症の初期に認められる。また,多くの肝脾疾患,悪性貧血マラリアカラアザールでもしばしば起り,顆粒球減少症再生不良性貧血では常にこれを伴い,原爆症にも多い。多くは好中球の減少が主体で,リンパ球は相対的に増加することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

白血球減少症【はっけっきゅうげんしょうしょう】

白血球の数が正常な動揺値より病的に減少する症状。普通,血液1mm3中3500に満たないもの。再生不良性貧血放射線障害ベンゼン中毒,脾性疾患など,また感染症としては腸チフス,はしか風疹,インフルエンザなどにみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はっけっきゅうげんしょうしょう【白血球減少症】

末梢血中の白血球が減少している状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白血球減少症
はっけっきゅうげんしょうしょう

循環している血液(末梢(まっしょう)血液)中の白血球数は正常の場合1立方ミリメートル中に平均6600であるが、これが4000以下に減少した状態をいう。白血球のなかでもっとも多くて変動しやすいのは、好中球、好酸球、好塩基球の顆粒(かりゅう)球であり、白血球が減少している場合のほとんどは顆粒球減少によるものである。リンパ球では1立方ミリメートル中1000以下に減少した場合をリンパ球減少症としているが、他の白血球と異なって通常ではよく保たれている。しかし、リンパ組織が悪性リンパ腫(しゅ)などで広範に破壊されると初めて減少する。なお、白血球が減少するのは腸チフス、インフルエンザなどの感染症時にもみられ、診断上の参考になる。[伊藤健次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白血球減少症の関連キーワード白血球減少症(好中球減少症/無顆粒球症)タマザキツヅラフジバイオジェネリック甲状腺ホルモン剤精巣(睾丸)腫瘍フェルティ症候群カルバマゼピンインドメタシン丸山ワクチン好中球減少症チオウラシルスルピリン金中毒血液病

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android