コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イパチェフスキー修道院(読み)イパチェフスキーシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

イパチェフスキー‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【イパチェフスキー修道院】

Ipat'evskiy monastïr'Ипатьевский монастырь》ロシア連邦西部、コストロマ州の都市コストロマにある修道院。14世紀初頭、ボリス=ゴドノフの祖であるタタール人のチェト公により創設。後に皇帝となるミハイル=ロマノフが少年時代に隠棲し、ゼムスキーソボール(全国会議)で皇帝に選出され、院内にあるトロイツキー聖堂で戴冠式が行われた。イパチェフ修道院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android