イビグトゥット(英語表記)Ivigtut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イビグトゥット
Ivigtut

グリーンランド南西部の小集落。フレデリクスホープの南東,奥行き 32kmのアルスクフィヨルドの岸にあり,1963年まで氷晶石の露天掘が行われていた。 1794年に発見され,1864年から採掘が始り,集落が発達した。第2次世界大戦中は,フィヨルドの奥にアメリカ合衆国海軍の基地があった。資源の枯渇とともに集落は衰微。人口4 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android