イブン・ホルダードベ(英語表記)Ibn Khurdādbih, Abū al-Qāsim `Ubayd-Allāh ibn `Abd-Allāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ホルダードベ
Ibn Khurdādbih, Abū al-Qāsim `Ubayd-Allāh ibn `Abd-Allāh

[生]820/825
[没]911頃
アッバース朝に仕えたイラン人地理学者。タバリスタンの知事の家に生れ,バグダードで文学と芸術を学ぶ。ジバール,バグダード,サーマッラーの駅逓局長を歴任,カリフ,ムータミドの文学,芸術上の友となる。主著『諸道と諸国の書』 Kitāb al-Masālik wa al-Mamālikはその経歴からくる経験と知識に基づいて書かれたイスラム期最初の交通地理書であり,以後のイスラム地理書に一つの型を示すと同時に,それらの典拠としてしばしば利用された。そのほか音楽や歴史に関する著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android