コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンラート1世 コンラートいっせいKonrad I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンラート1世
コンラートいっせい
Konrad I

[生]?
[没]918.12.23.
ドイツ王 (在位 911~918) 。カロリング朝最後のドイツ王ルートウィヒ4世 (幼童王) の死後,911年 11月,マインツ大司教ハットーの推挙を受けて,フランケン公コンラートが王に選ばれ1世と称した。マジャール人,ノルマン人,スラブ人など外敵の侵攻と,内は各部族公の自立傾向に悩まされたが,王はこれらに対し無力で,彼の王位を承認しないザクセン公やロートリンゲン公と争って敗れるなど,王権は衰微した。その死に際して,かつての対抗者ザクセン公ハインリヒ (1世) を次代の国王に指名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンラート1世の関連キーワードハインリヒ(1世)ハインリヒ[1世]ハインリヒ1世東フランク王国帝国教会政策カロリング朝ハットー1世マジャールブルハルトザクセン朝ドイツ史

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android