コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロリング朝 カロリングちょうKarolinger; Carolingiens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロリング朝
カロリングちょう
Karolinger; Carolingiens

フランク王国を8~10世紀にかけて支配した王朝。メロビング朝ランク王国の宮宰カルル・マルテルの子,ピピン (小) が,751年教皇の承認のもとに即位しカロリング朝を開く。その子カルル1世 (大帝) のときが最盛期で 800年教皇から西ローマ皇帝 (神聖ローマ皇帝) の帝冠を受けた。教皇領を寄進するなど,キリスト教保護者という形を保った。カルルの子ルートウィヒ1世 (敬虔王) の死後,ベルダン条約メルセン条約を経て,帝国は東フランク (ドイツ) ,西フランク (フランス) ,中部フランク (イタリア) と3分された。イタリアの王統はまもなく衰えたが,東フランクでは 911年,西フランクでは 987年までカロリング家の血統が続いた。途中,東フランクのカルル3世 (肥満王) が全土を統一したが,死後再び分裂した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カロリング‐ちょう〔‐テウ〕【カロリング朝】

《〈ドイツ〉Karolingerフランク王国の第2王朝。751年、ピピンメロビング朝に代わって創始。その子カール大帝は西ヨーロッパの政治的統一を達成し、教皇から皇帝号を与えられた。のち王国は三つに分裂し、現在のドイツ・フランス・イタリア3国の原形をつくった。10世紀末までにこの王朝系の3国ともに断絶。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カロリング朝【カロリングちょう】

フランク王国の王朝(751年―987年)。メロビング朝に代わって即位したピピン3世に始まり,カール大帝の時西欧全域にわたる大国家となった(カロリング朝(ドイツ語でDie Karolinger,フランス語でLes Carolingiens)の名はカール大帝にちなむ)。
→関連項目カール・マルテルザクセン朝サン・ドニ修道院ステンド・グラス象牙彫ピピン[1世]マインツ大聖堂ミュスタイア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カロリングちょう【カロリング朝 Die Karolinger[ドイツ]】

フランク王国の後期王朝(752‐987)。カール大帝の名をとってカロリング朝とよばれる。アウストラシア宮宰ピピン1世とメッツ司教アルヌルフとの家系から生じ,しだいに全宮宰職を獲得した。特にカール・マルテルトゥール・ポアティエの戦での勝利(732)は,この家系の令名と実力とを高め,その子ピピン3世は王をしのぐ実権を握っていた。当時の西欧は,メロビング朝の衰退に伴い,ビザンティン帝国イスラム教徒,スラブ族等にかこまれた崩壊寸前の小島のごとき状態にあり,これを統一させて救うために,教皇ザカリアスは,真に実力あるものが王権を握るべきであるとの意向を示し,聖ボニファティウスはフランク人をして,ピピン3世をフランク王に選ばせ,彼に塗油した(752年。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カロリングちょう【カロリング朝】

フランク王国後期の王朝。メロビング朝の宮宰ピピンが751年に創始し、その子カール大帝の時に最盛期となる。843年の王国三分に伴い王統も三分、987年西フランクの断絶により滅亡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カロリング朝
かろりんぐちょう
Carolingiensフランス語
Karolingerドイツ語

メロビング朝にかわって、フランク王国の後半を支配した王朝。この名称は家門中もっとも傑出した人物、カール大帝にちなんだものであるが、王家の系譜がメッツ司教アルヌルフおよびアウストラシア地域の大豪族大ピピンにさかのぼるため、アルヌルフ家またはピピン家ともよばれる。アルヌルフの息子アンセギゼルと大ピピンの娘ベッガとの間に生まれたのが中ピピンで、アウストラシアの宮宰となり、カロリング家興隆の基礎を置いた。中ピピンは687年テルトリーの戦いでノイストリアを破り、全フランク王国の宮宰となり、その庶子カール・マルテルは732年トゥール・ポアチエの戦いでスペインから侵入したイスラム教徒を敗走させ、カロリング家の権威を確立した。その子小ピピンはこの力を背景に、751年メロビング家の名目的国王を廃して自ら王位につき、カロリング朝を開いた。ピピンの王位は教皇ザカリアスの承認によって正当性を与えられ、ここからカロリング王権と教皇権との提携が始まった。カロリング王国は小ピピンの子カール大帝(シャルルマーニュ)のとき最盛期を迎え、西はピレネー山脈から東はエルベ川に、北は北海から南は中部イタリアに至る西ヨーロッパの大部分の政治的統一が達成され、800年、カールは教皇レオ3世の手でローマ皇帝として戴冠(たいかん)された。カールはまた古典文化の復興にも力を注ぎ、アルクインをはじめ多くの学者たちの努力により、後世カロリング朝ルネサンスとよばれる成果が実現された。
 カール大帝の子ルートウィヒ1世(ルイ1世、敬虔(けいけん)帝)の死後、帝国は3人の息子に分割された(ベルダン条約)。長子ロタールはロートリンゲン、ブルグンド、イタリアと皇帝位を、次子ルートウィヒは東フランクを、末子カール(シャルル1世)は西フランクを相続。さらにロタールの血統の断絶により、ロートリンゲンも東西フランク王国によって分割され(メルセン条約)、東フランクのカロリング家は911年のルートウィヒ幼児王の死により、西フランクのカロリング家は987年のルイ5世の死により断絶した。その結果、東フランク王国では、コンラート1世を経てザクセン朝のドイツ王国が、西フランク王国では、カペー朝のフランス王国が成立した。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカロリング朝の言及

【ドイツ美術】より

…その点で,個人的,神秘的心情から生まれた中世の〈アンダハツビルトAndachtsbild〉(祈禱像)も,はなはだドイツ的な創造物であったといわなければならない。
【中世】

[カロリング朝――カール大帝と古代文化復興]
 今日のドイツの起源は8世紀のカール大帝(シャルルマーニュ)の時期にまでさかのぼる。しかし彼の時代にはまだ本来のドイツという国は存在せず,ドイツ固有の文化や美術について論ずることができるのは,10世紀のオットー朝(ザクセン朝)に始まるロマネスク時代になってからである。…

※「カロリング朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カロリング朝の関連キーワードコルヴァイのカロリング朝ヴェストヴェルクとキウィタスロルシュの王立修道院とアルテンミュンスタールートウィヒ4世(幼童王)カロリング・ルネサンスカロリング・ルネサンスザンクト・ガレン修道院ルートウィヒ[1世]サン・ドニ修道院聖堂ルイ5世(怠惰王)ベレンガーリョ1世ウィルデンブルッフドローゴ(メスの)アーヘン宮廷画派ユーグ[アルル]クリソグラフィセプティマニアクローデガンク西フランク王国ピピン[3世]ピピン[1世]