コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ダーニヤール Ibn Dāniyāl

1件 の用語解説(イブン・ダーニヤールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ダーニヤール【Ibn Dāniyāl】

1248‐1310
イラクで生まれ,エジプトに移住した眼科医。ただしユニーク影絵芝居の台本作者として知られる。《想像の影》《アジーブとガリーブ》《魅せられた者》といった台本が残されているが,それらはいずれも鋭い現実観察に裏づけされた喜劇的な作品である。骨太い筋書の中で展開されるドラマは,当時の社会を痛烈に風刺しており,現代に及ぶアラブ喜劇の伝統のさきがけとして高い評価をうけている。【黒田 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・ダーニヤールの関連キーワードエジプト暦出エジプト記エジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト行進曲エジプト十字架の秘密エジプト風

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone