コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ダーニヤール Ibn Dāniyāl

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ダーニヤール【Ibn Dāniyāl】

1248‐1310
イラクで生まれ,エジプトに移住した眼科医。ただしユニーク影絵芝居の台本作者として知られる。《想像の影》《アジーブとガリーブ》《魅せられた者》といった台本が残されているが,それらはいずれも鋭い現実観察に裏づけされた喜劇的な作品である。骨太い筋書の中で展開されるドラマは,当時の社会を痛烈に風刺しており,現代に及ぶアラブ喜劇の伝統のさきがけとして高い評価をうけている。【黒田 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ダーニヤールの関連キーワードルネサンス史(年表)高克恭高克恭藤原信実ケルン大聖堂アメダスAMeDAS扇ノ山オゴタイハン国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone