コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ユーヌス(英語表記)Ibn Yūnus

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ユーヌス【Ibn Yūnus】

?‐1009
アラビアの天文学者ファーティマ朝カリフアジーズおよびハーキムのもとで,977年から1003年にかけて観測を行った。主著《ハーキミー・ジージュ(ハーキム天文学宝典)》は,ビールーニーの《カーヌーン》と並んでアラビア天文学を代表する大きな著作で,全81章のうちの44章までが現存している。そこに示された数値は13世紀のトゥーシーなどにも用いられ,食の観測記録は20世紀初頭のニューカムの月理論でも利用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android