イブン・ユーヌス(英語表記)Ibn Yūnus

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ユーヌス【Ibn Yūnus】

?‐1009
アラビアの天文学者ファーティマ朝カリフアジーズおよびハーキムのもとで,977年から1003年にかけて観測を行った。主著《ハーキミー・ジージュ(ハーキム天文学宝典)》は,ビールーニーの《カーヌーン》と並んでアラビア天文学を代表する大きな著作で,全81章のうちの44章までが現存している。そこに示された数値は13世紀のトゥーシーなどにも用いられ,食の観測記録は20世紀初頭のニューカムの月理論でも利用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android