コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ユーヌス Ibn Yūnus

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ユーヌス【Ibn Yūnus】

?‐1009
アラビア天文学者ファーティマ朝カリフアジーズおよびハーキムのもとで,977年から1003年にかけて観測を行った。主著《ハーキミー・ジージュ(ハーキム天文学宝典)》は,ビールーニーの《カーヌーン》と並んでアラビア天文学を代表する大きな著作で,全81章のうちの44章までが現存している。そこに示された数値は13世紀のトゥーシーなどにも用いられ,食の観測記録は20世紀初頭のニューカムの月理論でも利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ユーヌスの関連キーワードリ朝新司法試験日本学生支援機構の奨学金蘇洵李朝和歌九品開心寺址石塔小式部内侍レ(黎)朝大江匡衡