コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア天文学 アラビアてんもんがく

1件 の用語解説(アラビア天文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア天文学
アラビアてんもんがく

古代ギリシア天文学の伝統は,中世ヨーロッパの科学の没落に伴ってアラビアで生かされた。星座名や観測器具名などのアラビア語に,現在までその跡が残っている。カリフ,アル・アムームの宮廷に仕え,月の近地点の春分点に対する移動を発見したバッターニーはその最高峰と目され,光の反射を研究したイブヌル・ハイサム (アルハゼン) ,星表を編纂したイブン・ユーヌスなども著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラビア天文学の関連キーワードイタリア文学ギリシア文学数理哲学ギリシャ語ギリシャ神話近代科学恒星天ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜