コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア天文学 アラビアてんもんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア天文学
アラビアてんもんがく

古代ギリシアの天文学の伝統は,中世ヨーロッパの科学の没落に伴ってアラビアで生かされた。星座名や観測器具名などのアラビア語に,現在までその跡が残っている。カリフ,アル・アムームの宮廷に仕え,月の近地点の春分点に対する移動を発見したバッターニーはその最高峰と目され,光の反射を研究したイブヌル・ハイサム (アルハゼン) ,星表を編纂したイブン・ユーヌスなども著名。アラビア天文学の最大の功績は球面三角法の完成である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アラビア天文学の関連キーワードイブン・ユーヌスファザーリー回回暦

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android