コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビールーニー ビールーニー al-Bīrūnī, Abū al-Rayhān Muḥammad b. Aḥmad

6件 の用語解説(ビールーニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビールーニー
ビールーニー
al-Bīrūnī, Abū al-Rayhān Muḥammad b. Aḥmad

[生]973. ホラズム
[没]1050頃.ガズニー
中世イスラム世界の最大の学者の一人。数学,天文学,医学などの自然科学だけではなく,地理学,歴史学,言語学などにも秀で,著書,論文の数は百八十余に達した。故郷で教育を受け,998年頃ジュルジャーンにおもむき,ジヤール朝カーブースに仕え,古来の暦法に関するすぐれた著書『いにしえより残りしもののあと』 al-Āthār al-Bāqiya `an al-Qurūn al-Khāliya (1000頃) を献呈した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビールーニー(al-Bīrūnī)

[973~1048ころ]中世イスラムの学者。イラン人。数学・地理学・天文学・史学などを究めた。著「インド誌」。アル=ビールーニー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビールーニー

ペルシアの哲学者,科学者。アラビア語で著作。医学,天文,数学,物理,地理,歴史など多方面を研究。《過去のなごりの書》は古代諸民族の暦法・年代を扱う。地球の自転を説き,宝石・金属の比重を測定。
→関連項目ガズナ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビールーニー【al‐Bīrūnī】

973‐1050以後
ホラズム生れのペルシア人科学者,哲学者,旅行家。シーア派に属し,反アラブ的感情は終生変わらなかった。数学者アブー・アルワファーの弟子について数学を学び,ジュルジャーン,レイに出て,天文学・医学を修めた後,再び故郷に帰った。ガズナ朝の君主マフムードが来攻した時に捕らえられて彼に仕え,インド征服にも同伴してこの地に長くとどまり,ガズナに帰って没した。彼の旺盛な知的好奇心と鋭い批判的精神とは,中世を通じて並ぶ者がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビールーニー【al-Bīrūnī】

973~1048頃) イスラムの学者。天文・数学・歴史をはじめ広範な学問を究める。またインドを旅行し、その研究を「インド誌」にまとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビールーニー
びーるーにー
Al-Brn
(973―1050?)

イラン人の学者。数学、地理学、天文学、占星術、暦学など多方面の才能で知られる。正称はムハンマド・ビン・アフマド・アル・ビールーニーMuhammad bin Ahmad al-Brnで、普通はアル・ビールーニーとよばれることが多い。のちにガズナ朝の支配下で優遇され、その首都ガズニー(ガズナ)で死んだ。彼の名を不朽にしたのは、インド旅行の体験に基づいて著した『ターリーフル・ヒンド』(インド史誌)という著作で、11世紀のインドの事情を知るうえでもっとも重要な文献の一つである。一般には、ドイツの東洋学者ザハウEdward C. Sachau(1845―1930)による英訳『Alberum's India』でヨーロッパ人の間に知られている。[荒 松雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビールーニーの言及

【アラビア科学】より

…この時代には東はバグダード,ブハラ,ガズナ,西はコルドバ,南はカイロを中心に,アラビア科学が全イスラム的規模で百花繚乱と咲き乱れる黄金時代がつくられた。この絶頂期の科学は,ビールーニーイブン・シーナーイブン・アルハイサムによって代表させることができよう。この3人はそれぞれ異なった意味でアラビア科学の最高をきわめた。…

【インド洋】より

…イスラム地理学者たちは,インド洋を〈インドの海〉〈ザンジュの海〉〈エチオピアの海〉とよび,インド洋を内海とは見なさなかったが,プトレマイオスの影響は根強く,彼らの地理書では,アフリカの南端は中国の対岸までずっと東に延ばされている。ビールーニーal‐Bīrūnī(11世紀)になると,この東への延びは半島規模に縮小され,インド洋と大西洋を結ぶ水路の存在がアフリカ南部に予測されている。そしてバスコ・ダ・ガマのインド洋横断の水先案内人を務めたといわれるイブン・マージドは,それ以前にすでに上述の水路の存在をより明確に予測していた。…

※「ビールーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビールーニーの関連キーワードコラズムホラズム朝花剌子模アヌーシュティギーンホラズム・シャー朝フワーリズム《ホラズム王の財宝》ホラズム語ホラズム人民ソビエト共和国ホラズムの海

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone