コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーヌーン カーヌーン qānūn

8件 の用語解説(カーヌーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーヌーン
カーヌーン
qānūn

イスラム諸国の世俗法。語源はギリシア語の kanonからきた。キリスト教社会における教会法 canon lawにほぼ相当するシャリーア shari'aとは別に,諸地域の慣習法であるアーダー'āda,ウルフ'urfと同義語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カーヌーン
カーヌーン
qānūm

アラブ諸国およびトルコ古典音楽に使われるツィター属の撥弦楽器。梯形の平板な箱の上に 24~26コースの3重弦 (羊腸またはナイロン) が張られ,共鳴板の右側約3分の1には薄い皮が張られ,駒はこの皮の上に立てられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーヌーン(〈アラビア〉qānūn)

隣り合う二角が直角をなす不等脚台形の薄い木箱に多数の弦をはったチター型の撥弦(はつげん)楽器。左右の人差し指にはめたプレクトラムで弾く。主としてアラブ諸国で用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カーヌーン

アラブおよびトルコのツィター属撥弦楽器。台形の薄い木製共鳴箱の上に,3本1コースのガットあるいはナイロン弦を17〜25コース張り,両手の人差指に角製の爪をとりつけた指輪をはめてかき鳴らす。
→関連項目ターラブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カーヌーン【kānūn】

ギリシア語kanōnに由来するアラビア語で,ペルシア語トルコ語にも採り入れられた。古くは租税用語として用いられたが,後にイスラムの宗教法としてのシャリーアに対し,世俗法を意味するようになった。イスラムにおいては,全社会生活は,シャリーアにより規律されるたてまえであるが,現実にはシャリーアにより覆いきれない部分が生じ,主として政治・行政上の世俗法としてのカーヌーンが成立していった。カーヌーンは,理論上はシャリーアを補完するにすぎぬものとされた。

カーヌーン【qānūn[アラビア]】

アラブ音楽の撥弦楽器(イラスト)。1辺が底辺と直角をなす台形の箱のような形をした共鳴体に,ガットまたはナイロン製の弦が水平に張られている。弦の数は63本から84本で,普通72本であり,3本が1組で一つの音に調弦される。底辺に対し斜辺をなす左側面に糸巻きが並ぶ。糸巻きに沿って,ちょうつがいのついた小さな金属板が各組の弦の下に設けられており,この金属板を動かすことによって,4分の1音などの細かい音高の調節が可能になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カーヌーン【qānūn】

アラブ・トルコの撥弦はつげん楽器。チター系の楽器で、不等脚台形の箱に三弦ずつを同律に調弦した七八本の弦を張る。義甲を用いて弾く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーヌーン
かーぬーん
qnnアラビア語

アラブ諸国やトルコのチター属の撥弦(はつげん)楽器。古典音楽の旋律楽器として使用される。その起源は明らかでないが11~12世紀にはすでに西アジア各地やスペインで用いられていた。現在の形態は、表面片側が羊皮からなる台形の平たい木製共鳴箱の上に、75本前後のガット弦かナイロン弦を張ったもの(3弦ずつ同じ音に調弦する)が一般的で、弦の振動が駒(こま)を通して羊皮に伝わり、独特な音色が得られる。膝(ひざ)の上か台の上に楽器を置き、両手の人差し指にプレクトラム(義甲)をつけて、トレモロ奏法を主体に演奏する。また、使用する旋法にあわせて微小音程を調節できる装置を駒に付したものもある。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーヌーンの関連キーワードアラブ人ギリシアサラセンシリア語コプトアラビストカルアシュンティパスステファニテスとイクネラテスフォティアディス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone