コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イメージプロセッシング イメージプロセッシングimage processing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イメージプロセッシング
image processing

写真や図形など広く画像のもつ性質を変換する技術をいう。最近は多くの場合,画像をデジタル化してコンピュータに入れ,画像の濃淡を変化させて人間が見やすい形にしたり (画像の強調) ,画像のぼけや雑音を取除いたり (画像の復元) ,画像の空間的なゆがみを除いたり,大きさを変えたり,回転させたり (画像の幾何学的変換) することが中心となる。二次元フーリエ変換とフィルタリングも基本技術の一つである。画像中から線を抽出したり,ある種の領域を抜き出したりするパターン認識における特徴抽出もイメージプロセッシングのなかに入れて論じられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イメージ‐プロセッシング(image processing)

コンピューターを用いて、画像をデジタルデータに変換し、さまざまな処理を行うこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

イメージプロセッシングの関連キーワードコンピューター

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イメージプロセッシングの関連情報