イメージプロセッシング(英語表記)image processing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イメージプロセッシング
image processing

写真や図形など広く画像のもつ性質を変換する技術をいう。最近は多くの場合,画像をデジタル化してコンピュータに入れ,画像の濃淡を変化させて人間が見やすい形にしたり (画像の強調) ,画像のぼけや雑音を取除いたり (画像の復元) ,画像の空間的なゆがみを除いたり,大きさを変えたり,回転させたり (画像の幾何学的変換) することが中心となる。二次元フーリエ変換とフィルタリングも基本技術の一つである。画像中から線を抽出したり,ある種の領域を抜き出したりするパターン認識における特徴抽出もイメージプロセッシングのなかに入れて論じられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イメージ‐プロセッシング(image processing)

コンピューターを用いて、画像をデジタルデータに変換し、さまざまな処理を行うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android