イョステルスンド(読み)いょすてるすんど(英語表記)Östersund

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イョステルスンド
いょすてるすんど
stersund

スウェーデン北部、ノールランド地方西部の行政都市。人口5万8361(2001)。大西洋とボスニア湾を結ぶヨーロッパ道75号線の中間に位置する重要な軍事基地であり、また地方行政、商業の中心地である。18世紀後半に形態を整え、鉄道開通後、急速な発展をみた。テラス状の市街は美しく、冬は夜間照明のある大ゲレンデでのスキーが楽しめ、夏は山歩き、魚釣りと、観光客が絶えない。地方文化博物館、野外博物館がある。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android