イョステルスンド(読み)いょすてるすんど(英語表記)Östersund

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イョステルスンド
いょすてるすんど
stersund

スウェーデン北部、ノールランド地方西部の行政都市。人口5万8361(2001)。大西洋とボスニア湾を結ぶヨーロッパ道75号線の中間に位置する重要な軍事基地であり、また地方行政、商業の中心地である。18世紀後半に形態を整え、鉄道開通後、急速な発展をみた。テラス状の市街は美しく、冬は夜間照明のある大ゲレンデでのスキーが楽しめ、夏は山歩き、魚釣りと、観光客が絶えない。地方文化博物館、野外博物館がある。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android