イルリサット-アイスフィヨルド(読み)イルリサットアイスフィヨルド

世界遺産詳解の解説

イルリサットアイスフィヨルド【イルリサット-アイスフィヨルド】

2004年に登録された世界遺産(自然遺産)。イルリサットはデンマーク領グリーンランドの西岸に位置する町で、セルメク・クジャレク氷河は1日に約20mもの速さで進み、直接海に流れ込んで氷のフィヨルドを形成している。フィヨルドは氷河の浸食によってできた狭くて深い湾で、海に流れ込んだ氷河は砕けて氷山になり、一部は湾に残り、一部は大海に流れていく。轟音とともに氷河が崩れ落ちる様子は壮大で、氷山が太陽に照らされて光に輝くさまも美しい。美しい自然の営みと地球の歴史を知るうえで貴重な自然であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はIlulissat Icefjord

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android