コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワザクラ いわざくら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワザクラ
いわざくら / 岩桜
[学]Primula tosaensis Yatabe

サクラソウ科の多年草。5月ころ10センチメートルほどの花茎を出し、頂に数花をつける。サクラソウと同様の5弁花で径約2センチメートル、淡紫紅色。葉は数枚で根際につき、全体に丸く、粗い凹凸があり、辺縁は浅く切れ込む。本州の中部地方以西に自生する。渓谷の岩壁などに生え、岩場に生えるサクラソウの類というのでこの名がある。最近は希少な植物となっており、山草愛好家が好んで鉢植えとする。鉢植えは粗めの砂で植え、夏は半日陰に置く。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイワザクラの言及

【サクラソウ(桜草)】より

…クリンソウP.japonica A.Grayは粉状物があまり目だたないが,山麓の湿地に生え,大きな個体では長さ40cmの倒卵形の葉の間から1m近くにもなる輪生状の花序を4~5段につける。(3)サクラソウ・イワザクラの類 やはり外巻きの葉を有するが,粉状物がなく,葉に多細胞の毛があり,明りょうな葉柄をもつのが特徴である。温帯の沢沿いの岩壁(イワザクラP.tosaensis Yatabe),落葉樹林下(カッコソウP.kisoana Miq.),湿地(サクラソウP.sieboldii E.Morren)などに生育している。…

※「イワザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イワザクラの関連キーワードコイワザクラサクラソウ科鈴鹿国定公園サクラソウ武甲山桜草

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android