イワーノフ・ラズームニク(英語表記)Ivanov‐Razumnik

世界大百科事典 第2版の解説

イワーノフ・ラズームニク【Ivanov‐Razumnik】

1878‐1946
ロシアの評論家,思想家,文芸学者。本名はRazumnik Vasil’evich Ivanov。グルジアの小貴族の子。ペテルブルグ大学数学科在学中の1901年,反政府デモで逮捕・流刑以後文筆活動を始め,ゲルツェンの思想を受け継ぐ〈内在的主観主義〉により《ロシア社会思想史》(1907)等を著す。終始インテリゲンチャとナロード(人民),個人と社会の調和を追求する。ヨーロッパ文化の危機とロシア,哲学と社会主義の総合を論じる〈スキタイ人〉グループを形成,左派エス・エル党に属して十月革命を支持する一方,社会主義の俗物化の可能性を指摘した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android