コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナロード narod

大辞林 第三版の解説

ナロード【narod】

人民。民衆。特に、農民。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナロード【narod】

国民,民族,民衆などを意味するロシア語。ロードrod(〈生れ〉の意)を語根としているだけに,血縁的な集団のニュアンスが強い。ロシアのナロードの特徴的性格を初めてイデオロギーの領域にとりこもうとしたのは,19世紀の30~40年代に文部大臣の職にあったウバーロフで,彼はロシア正教,専制政治ならびに国民性の三位一体をもってニコライ1世治下の教育政策の指導理念とした。この考え方には先進の西欧諸国民に対するロシア人の同等性,むしろ独自の優越性を誇示する自負がこめられており,一部のスラブ派パン・スラブ主義者たちに受け継がれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ナロードの関連キーワードニコライ・コンスタンチノヴィチ ミハイロフスキーニコライ・ニコラエヴィチ ズラトヴラツキーピョートル・ニキーチチ トカチョーフブレシコ・ブレシコフスカヤイワーノフ・ラズームニクウラディミル コロレンコ「人民の友」とはなにかアレクサンドル2世ミハイロフスキークラフチンスキードブロリューボフアクサーコフ兄弟合法マルクス主義ズラトブラツキーウスペンスキーダニエリソーングリゴロービチブ・ナロードメゼンツォフエス・エル党

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナロードの関連情報