インガリク族(読み)インガリクぞく(英語表記)Ingalik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インガリク族
インガリクぞく
Ingalik

アサバスカン語族に属する言語を話す北アメリカインディアンの一民族。内陸アラスカの山間部に居住し,漁労および狩猟生業とする。衣食住にわたって,隣接民族イヌイット (エスキモー) の文化的影響を受けたが,樹皮製カヌーなどの伝統的な要素も保持していた。火風呂小屋と男性の家を兼ねるカシムが村落生活の中心をなした。遊戯に強い関心を示し,アニミズム的信仰を特徴とする。現在の人口は数百人にすぎないと推定され,そのほとんどが西洋の文化に同化してしまっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android