インキュナブラ(英語表記)incunabula

翻訳|incunabula

大辞林 第三版の解説

(「揺籃ようらん」の意)ヨーロッパにおいて金属活字の発明以後、1500年までの活版印刷術の幼年期に出版された活字本。揺籃期本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

15世紀(厳密には活版印刷術の発明された1450年代から1500年12月31日までの間)にヨーロッパ刊行された活字本総称揺籃期本,初期刊本ともいう.写本字体を模倣した活字が使われ,紙のほか獣皮紙も使用され,さらに写本のような彩色をほどこすこともあった.語源は,ゆりかごを味するラテン語cunabulaで,印刷本の意味を表すようになったのは18世紀後半になってからである.インキュナブラの総合的な目録としてはドイツGesamtkatalog der Wiegendruckeがある.これは1925年に編纂が開始されたが,第二次大戦で中断された後,1978年になって刊行が再開された.この目録によれば,インキュナブラの総数は約4万と推定され,その4分の3はラテン語の著作である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内のインキュナブラの言及

【インクナブラ】より

…そこから1500年以前の西洋の印刷物の,いわば発生期のものを総称するようになった。日本ではインキュナブラと呼ぶことが多い。一枚刷り木版画は14世紀末からつくられ,1500年ごろまでにおよそ1万点現存する。…

※「インキュナブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android